発達の遅れ、偏りを指摘を指摘された・成人しているが自分は発達障害ではないかと思う

→発達障害

発達障害を大きく分けると、知的発達障害と広汎性発達障害に分かれます。広汎性発達障害というのは、これまで自閉症といわれてきた自閉性障害、知的障害をもたない高機能自閉症(アスペルガー障害)、注意欠陥多動障害(ADHD)、学習障害(LD)を含むスペクトラムで、養育施設や教育機関と連携した加療を必要とします。人間関係や、適応するためのストレスにより、二次的に抑うつや心身症状、不眠、対人不安などを伴うこともあり、薬物療法を必要とすることもあります。注意欠陥多動障害(ADHD)については、注意力、集中力に直接作用する薬物療法を行うことも多いです。いずれにしても、心理検査などで適切な評価を行ったうえで、加療や療育指導を進めてゆくことになります。
また最近は、成人するまで気づかれなかった軽微な発達障害の患者さんも数多く見られ、対人関係上や社会適応上、二次的に抑うつなどが認められることもまれではなく、この場合も適切な評価と加療が必要となります。

Comments are closed.