ブログ

Jヴィレッジ再開!

Posted in ブログ on 10月 2nd, 2018 by ichiro – Jヴィレッジ再開! はコメントを受け付けていません。


  
2018年7月
ついにJヴィレッジが再開した。

かつて日本代表やアルゼンチン代表も合宿練習を行った
福島県双葉郡楢葉町に位置するこの施設も
  
震災後
長らく福島第一原子力発電所を収束させるための前線基地として
作業員たちの駐車場と化していたが
ついに7年以上の歳月を経て再開した。
  

  
天然芝のピッチが数面
ホテルやレストラン
屋内練習場も完備され
少し前になるが
記念イベントも催され
私も大学サッカー部の後輩である
いわき共立病院のH先生と訪れることができた。
  

 
天然芝の感触は最高
数年ぶりにボールに触れるとテンションは上がり
肥えたおなかを抱えながらも
ドリブル、シュートを繰り返した。
  

  
W杯で乾選手が決めた
ブレ球のシュートを何度も試みたが
なかなか無回転は難しかった。
それでも30分は汗を流し
思い切りインステップで蹴るシュートは気持ちよい。
 

  
メインイベントの
Jリーガーとのミニゲームには
抽選にもれ出られなかったが
当選したH先生を応援した。
 
写真は元日本代表
秋田選手(右)のヘディングシュート
彼をはじめ、
多くの名選手を間近に感じ、
あの震災後のものものしい雰囲気を知るだけに
再開のよろこびと
感謝に包まれた1日となりました。
 
9月には
国内初という全天候型天然芝のピッチもオープンし、
日本代表はもちろん
一般の利用も可能とのこと。
 
代表選手や子どもたちの応援はもちろん
まだかろうじてからだが動くうちに
もう一度
芝のピッチでゲームをする
大きな夢も広がります。
 

  

 

さくら、桜、さくらマラソン

Posted in ブログ on 4月 11th, 2018 by ichiro – さくら、桜、さくらマラソン はコメントを受け付けていません。

今年のさくらは
はやかったですね。
  
クリニックのさくらも
はじめて3月のうちに花開きました。
  

  
診察のとき
「もう散っちゃうよ」と多くの方に教えられ
あわてて傍らの松ヶ岡公園へ
  

  
4月あたまですでに満開
   

  
よいながめですね
  

  
夜もなかなか
  

  
いかやきも抜群
  

  
毎年変わらぬ
にんにく醤油の味がたまりませんね。
  
値段もすえおき
おじさん、ありがとう!
(お顔が切れてしまいすみません)
  

  
いまだに一部が帰還困難区域である
夜ノ森地区の桜並木もおなじく
いつもより10日ほど早く
4月あたまに満開となった。
   

   
バリケードの向こうにも
枝垂桜がみごとに咲いています。
震災後はじめての
さくらまつりも行われるそうです。
  

  
一転して春の海
知人にさそわれ日曜日
日立さくらロードレース(ハーフマラソン)に
初出場
日立駅裏は広く太平洋が見渡せるガラス張りになっていてステキでした。
  

  
すでにさくらは散り去るも
スタート前のアナウンス
「最後のひとひらの花びらがいま、散りゆきました~」
「間に合いましたね。なんとか」
「はい、そうですね笑」
   

 
コースは中盤から海をめざし
自然とテンションも上がります。
  

  
さくらの着ぐるみの女子を発見
よく見れば
隣にはおじいさんの変装
となれば
なるほど
花さか爺さんというわけか
  

  
普段歩行者が通れない
海の上を走れます
速い人はもう折り返してますね
  

  
なんとかフィニッシュ
タイムはともかく
沿道の声援もありがたく
気持ちのよいハーフマラソンでした。
完走のファイルもさくらづくしでしたね
  

今年もよろしくお願いいたします

Posted in ブログ on 1月 7th, 2018 by ichiro – 今年もよろしくお願いいたします はコメントを受け付けていません。

年越しは初めて
沖縄で過ごしました。
  

  
初日の出はならず
初日の入り。
  

  
そして
念願の初泳ぎでは
大きなカメと出会うことができました。
  

  
いっしょに泳ぎ
  

  
初月の出と
  
これは何でしょう?
  

  
初月の入り。
つまりこっちが朝ですね。
  

 

初詣も沖縄色で
   

  
ビールやクジなど
遊戯の屋台があちらこちらに
にぎやかです。
  

  
帰って
いわきでも
クリニック傍らの
子鍬倉神社にお参り。
   
おみくじは
いずれも「小吉」
う~ん
まあ
吉は吉だし、
よしとしよう。
  
初走りは
いつもの湯本。
   

  
ポイントカードが
ついに満タンですね。
  
51年目にして初めて
いわき以外の地で年を越しました。
  
今年は自然を体感し、
生き生きとした
のびのびとした
身体を取り戻すためのプロジェクトを
いよいよはじめたいと思っています。
  
第二のふるさとでもある
沖縄とのご縁もそのひとつです。
  
豊かな生命と
ともに生きるちからを回復すること。

今年もよろしくお願いいたします。

  

サケの遡上

Posted in ブログ on 12月 10th, 2017 by ichiro – サケの遡上 はコメントを受け付けていません。

11月の晴れた日曜
富岡川へサケの遡上を見るために出かけた。
  
いわき市の夏井川
楢葉町の木戸川に上るサケは、
毎年観察にでかけていたが
福島第一原子力発電所にほど近い
富岡川へ出かけるのは震災以降はじめてのことだ。
  

   
河口から
ぱしゃ、ぱしゃ
と時折水面が乱れ、
サケは変わらず遡上している。
  
サケは4年で
母なる川に回帰するといわれているから、
震災後も産卵と遡上は損なわれていないことになる。
  
さて地元の方の許可を得て
自然大好きの友人と川に潜れば
  

  
川べりに
ひっそりと
メスが産卵する場所を探し、
婚姻色に彩られたオスがなわばりを守るように
川全体をぐるぐると回っている。
  
近づくが
オスは動きが異常に速すぎ
とてもカメラには収めきれない。
命がけの
まさに野生を感じさせるスピードだった。
  

  
ようやく動きの遅い個体を見つけるが
息絶え絶えで
役目を終えたオスなのかもしれない。
  
自然のサイクルは変わらない。
およそ1メートルに達する鯉や
大きなウグイも群れをなしている。
  

  
なつかしい
モクズガニにも出会えた。
ハサミを振り上げ威嚇してくる。
子供のころ
獲って帰ると
めずらしくほめられたことを思い出す。
  
ゆでれば
すぐ真っ赤にそまり
残酷だが
たぐい稀なおいしさであることは
この年になってようやく分かることだ。
   
水温10度に満たない川は
寒かったけど
楽しかった。

天神岬の温泉に
1時間以上長湯したのもはじめてのことだ。

  

ウルトラマンの登場です

Posted in ブログ on 9月 17th, 2017 by ichiro – ウルトラマンの登場です はコメントを受け付けていません。

8月末まで福島市で開かれていた
ウルトラマン展
   

   
平成のウルトラマンはよく知りませんが
ウルトラマンは大好きです。
   

   
円谷英二監督が
福島県は須賀川の出身ということで
昭和から平成までのウルトラマンが
ずらりと会場に立ち並んだ。
ちなみにウルトラの父は、ウルトラマンエースに登場し、
ウルトラの母は、ウルトラマンタロウに登場した、
とおぼえているが、
どうだろうか。
  

  
子どもたちの手づくりコーナーも
楽しいものだ。
ぬり絵や折り紙、なかなかじゃないか。 
自分も毎日よくやったものだ。
   
そういえば怪獣たちを忘れてはなるまい。
なつかしさと
昭和とは思えないそれぞれのフォルムのうつくしさに
ついついお土産コーナーで大人買いしてしまった。
   

   
ウルトラマンは
昭和41年にはじまったとある。
自分が生まれる1年前か。
であれば見たのはやっぱり再放送になるわけだ。
展示会では
ウルトラマンが倒されて宇宙に還るという
衝撃の最終回も上映していたが
やはり観たという記憶はある。
「地球に住む30億人の生命がかかっているんだ」
という科学特捜隊の叫びを聞くと
いまが「35億」×2ということなので
この半世紀での人口増加を思い知らされたりもした。
  
同時にセブンの最終回も上映されたが
こちらはややうろ憶え。
ただし「モロボシダン」がセブンに変身する際から
瀕死の戦いで相手を倒すまでずっと
シューマンのピアノ協奏曲イ短調が奏でられていたのには驚いた。
かなしみの最終回にぴったりの
なんともスゴすぎる演出ではないか。
  
長くなりますが
そういえば
いわき駅前
いまの「ポレポレいわき」の入っている世界館ビル地下にあった
「聚楽館」で
1日に4回続けてウルトラマンの映画を観たことだけはおぼえている。
当時は入れ替え制ではなかったし
お金がおしくて何度も観たのだ。
  
ジャミラ、テレスドン、シーボーズ、スカイドンの巻だったと思う。
何歳くらいのときだったのか。
恐怖あり、かなしみあり、笑いあり、そしてカッコよさあり
どの巻もすごかった。
大人買いした怪獣たちはもちろん
いまでも多分怪獣の名前なら
だいたいは言えると思う。
  

  
診察室を飛ぶ
これこそ初代ウルトラマン
久しぶりに
にぎやかになった診察室だが、
すでに怪獣の名前を全問正解してくれたお子さんが3人も現れた。
  
平成世代の子どもたちが
初代やセブンに登場する怪獣たちを知っているとは。
舌をまきつつも
うれしいではないか。

   

  

いわきの短い、短い夏

Posted in ブログ on 9月 12th, 2017 by ichiro – いわきの短い、短い夏 はコメントを受け付けていません。

薄磯海水浴場が震災後6年を経たこの夏
海開きされると聞き自転車を走らせた。
   

  
防波堤はあたらしく造られ、
右手の集落は津波により甚大な被害を受け
跡形もないのだが
海岸には駐車場が整備され
階段を下りれば
塩屋崎灯台が見下ろすそこは
まぎれもなく
薄磯の海だった。
  

  
かつては海の家がずらりと並び
中学時代
夏休みなれば
毎日のように自転車で通った薄磯の浜に
合掌し
入った。
  

  
この日はあいにくの曇り空ではあったのだが
子どもたちの歓声は
わるくない。
  
海の水も
最初の一瞬はつめたいのだが、
すぐに慣れると
からだの芯から気持ちよい。
 
四倉、勿来海岸に加え、
いわきで震災後3か所目となる海水浴場の再開。
短く肌寒いくらいの夏のせいもあり
今年の入場者数はいわき市全体で4万6千人と
昨年を大幅に下回ってしまったわけだが、
薄磯では海の家も再開され
自分もカレーライスをいただいた。
    

  
お盆明けには
ようやく晴れたので
またしてもチャリで
四倉まで出動。
  

  
この広さが好きですね。
  

  
砂もこまかくて好き。
裸足になると
心地よいです。
  

   

道の駅のラーメンが
思いのほかおいしかった。
いわきなのに喜多方風。
  
最後に
前後しますが
しめくくりは暑かった
平の七夕。
  

  
居酒屋のネオンには
負けられません。
  

  
本当は自分もやりたくてうずうずしてしまうのはこれ。
小学生のころを思い出して。
あの頃は一回たしかに100円だった。
硬貨を握りしめて走ったものだ。
到着すると落ちそうだったのがきちんと元の位置に戻されていたりして。
おじさんとの駆け引きを学びましたね。
  

短い夏は
年を取るとなおもっと
駆け足で
あっけなく過ぎ去りますね。

夏の花です

Posted in ブログ on 7月 30th, 2017 by ichiro – 夏の花です はコメントを受け付けていません。

松が岡公園ふもとの池の蓮の花が
よい感じです
   
   

   
まずクリニックから
踏切の手前を
左に折れると
手前の池に熱帯スイレン
  

   

その奥の東屋からは
白い蓮が見渡せます
  

   

駐車場にかけて
よい感じに咲き始めてましたね
  
   
そして自転車で新川を走れば
   

  
   

こちらもよい感じ
  

奥に見えるは
阿弥陀堂です
   

   

天に向かって
ひらく
夏の花
  

  

  
曇天をつきぬかんばかりに
宙へ
向かっています

さくら 咲きました!

Posted in ブログ on 4月 11th, 2017 by ichiro – さくら 咲きました! はコメントを受け付けていません。

クリニック玄関の幼樹も6年目。
今年も無事咲いてくれました。
    

   
いくつか花のない枝もあって
診察をお待ちの方々に
枝の切り方や対応策を伝授していただきました。
ありがとうございます。
   
そして傍らの松ヶ岡公園に足をのばすと
   

   
うん、7分咲きといったところ
のどかな月曜、診察前の朝です。
子どもたちが遊具のまわりを駆け回っていました。
  

  
カメラ片手のおじさまもチラホラ
よい眺めです。
   
少し歩いて
これは今日火曜日の新川沿い
  

  
この桜のトンネルも好きですね。
デイサービスの方々が
ゆっくりと杖に体重をかけ
堤防を一歩ずつ
お花見ですね。
  
そして日曜に戻り
雨のなか
散り際に咲き残る
このさくら並木も見事でした。
   

  
目黒川。
都内では一番好きな場所かもしれない。
   

  
川面に落ちた花びらが重なり
ゆったりと
流れてゆく。
  
ときおり雨風がつよく吹き
ざっと
まとまって花が落ちる。
「花に嵐のたとえもあるさ」
桜吹雪につつまれる。
       

  
     
たまらずいっぱい
屋台の燗酒。
花札でも
さくらが一番色鮮やかで
好きでしたね。
20点札
「花見でいっぱい」
菊の杯と役にできるルールもありましたしね。
  

  
紙コップにそえられた粋な
さくらの漬物?
そうなんです。
桜は食しても
なかなかのものなんです。

  

  

  

第8回いわきサンシャインマラソン

Posted in ブログ on 2月 14th, 2017 by ichiro – 第8回いわきサンシャインマラソン はコメントを受け付けていません。


   
3年連続。
恒例になりましたね。
サンシャインマラソンです。
  
今年は1万人もの参加者を
北海道から沖縄まで
全国44の都道府県から迎えての
スタートとなりました。
   

   
江名から中之作の港のあいだの
大漁旗のなかには
いわきFCの旗も見えます。
Jリーグ入りをめざし
昨年は飛躍の年でしたね。
吊るし雛で名高い清航館の前も通ります。
   

  
風はかなりつよかったですが
ところどころは追い風となり
なんといっても
海と太陽はすばらしい。
  

   
みさき公園にある
心臓破りの坂をのぼりきると
お待ちかねのこれ。
  

  
福島県産のトマトといちご
毎年これが楽しみですね。
生き返ります。
ボランティアの方々の笑顔に後押しされ
もうひとがんばり。
   

    
アクアマリン水族館のあたりは
強風にとばされそうになりましたが
   

   
35キロくらいで
もうぜんぜん走れないときに
子どもたちの声援が今年もうれしい。
「パンダさ~ん」
「がんばれ~」
   

  
よろよろ歩いてようやくのゴール
年齢とおなかの重みを感じましたね。
  

  

声をかけてくださったみなさん
本当にありがとうございます!
  
最後は真顔のバテバテでしたが
なんとか歩き終えました。
道中はとにかく
あやしい姿だったと思いますが
「ありがとうね~」
とパンダになりきって応えることで
制限時間ギリギリでしたが
がんばれました。
     

夜は
マラソン参加のクーポンで
復興酒場「夜明け市場」にて
「夜明けハイボール」を頂きます。
添えられたトマトが
サンシャインのアクセントになってるんですね。
すてきです。

ラーメンもやっと解禁できます。
来年は
遠方からの参加もお待ちしています。

  

  
   

   

新年はじまりました

Posted in ブログ on 1月 11th, 2017 by ichiro – 新年はじまりました はコメントを受け付けていません。

dsc_0467
  
晴天となった元日
例年のごとく
クリニック傍の子鍬倉神社に参拝
  
今年はぽかぽかとあたたかい陽気にめぐまれた
おみくじは末吉
う~ん
まあよしとするか
  
dsc_0478
  
さっそく診察室に
お札を祀る
  
そういえば
プロ野球の大谷翔平さんが
今年の目標として
「無」という言葉をかかげていましたね
  
診察室の「無」は
金澤翔子さん直筆のもの
「無心」「無碍」
「無」を表象できるのは人間だけといいますから
あらゆるものに
「無」は通じてゆくのでしょう
   
dsc_0473
  
さて今年も
サンシャインマラソンに向けて
初走りは
好間川から夏井川をめぐる新ルート開拓
なつかしい江筋
平二小の持久走大会で
走ったルートではないだろうか

  
dsc_0474
   
やっぱりそうだ
愛宕神社
数えてみると
37年ぶりに訪れたことになる
昔「無我」にあそんだ場所だ
  
境内には「湯殿山」の文字が見え
昨年初めて出羽三山を訪れ心身がふるえた
かの地を総本山としているようだ
お賽銭、お賽銭…

  
ときの流れに圧倒されつつ
「無常」をおもう

  

世界一長い餅つき大会

Posted in ブログ on 12月 27th, 2016 by ichiro – 世界一長い餅つき大会 はコメントを受け付けていません。

dsc_1684-1
   
初夏に子供たちと植えた苗が
   

dsc_1686
 
無事実り
  
dsc_3206
   
収穫する
   
dsc_3210-1
   
足踏みで脱穀し
もち米を炊き
   
dsc_0421
   
ふりおろす
  
dsc_0420-1
   
あんころ、きなこ、ねぎ
そして雑煮でいただいた
  
dsc_0427
  
世界一長い餅つき会は
はじまりからおわりまで
半年以上を要し
すべて手作りで
行われる
   
泥の手足であまがえるを追い
カマで稲穂を刈り取るときの
ざくり
とした手ごたえも心地よい
足踏みの感覚
炊いた米のよい香り
ふりおろしたきね
合いの手のもちの手触り
つぶつぶのコメが
なめらかな
おもちに変わりゆく楽しみ
   
dsc_0430
   
そして目の前の青空のもと
みなでほおばるうまさは
たまらない
  
子どものころは
競い合っていくらでも食べた記憶もあるが
いまはもう
ふたつ食べたら
おなかぽっこり
ぱんぱんなのだ   

  

  

夏の終わり~福島から

Posted in ブログ on 9月 13th, 2016 by ichiro – 夏の終わり~福島から はコメントを受け付けていません。

郡山市への出張がてら
喜多方市へも足を伸ばした
  
2016_0821_132348-dsc_2995-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
   
以前から行きたかった
三の倉高原のひまわり畑
  
2016_0821_125754-dsc_2993-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
    
喜多方駅前からバスが出ていて
30分ほどで到着できた
  
2016_0821_122930-p8211292-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
   
いつもは苦手な蜂さえも
いとおしく見える
  
2016_0821_125105-p8211302-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
      
暑いなか
乗り継ぎの30分で
やはりこれ
  
2016_0821_143735-dsc_3019-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
  
この店はねぎも美味とあり
ご当地喜多方ねぎラーメン
   
2016_0827_114235-dsc_3029-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
  
別の日には
やはり仕事帰りに前から行ってみたかった
三春ガイナックス
「特撮のDNA展」
  
2016_0827_121821-dsc_3030-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc
  
ここは廃校を利用し
福島から世界への発信をめざす
アニメの制作拠点
いまはゴジラの企画展を催していて
子どもたちの粘土作品もすてきでしたね
  
dsc_3110
    
  
そしてお土産に買ってしまった
フォルムが見事な
ゴジラ、メカゴジラ、キングギドラ
名前を呼んでもわくわくしますね
小さいころ
こうした人形を飽くことなく
戦わせていた日々を思い出します
いや人形は買えず
ゴム消しでしたね
消しゴムを相撲みたいに戦わせるやつ
ガイガンや、ラドンなんかも
つよかったですね
さらにはエレキングやレッドキング~
こうなるともうウルトラマンです
どちらも手掛けた
特撮の父
円谷英二は福島県須賀川市生まれ
最新の「シンゴジラ」のCG技術も見事と聞きますが
やはりこの特撮の苦労、手づくり感は
夢とロマンに満ちてますね。

暑いですね

Posted in ブログ on 8月 9th, 2016 by ichiro – 暑いですね はコメントを受け付けていません。

DSC_2388 (1)
   
暑い、暑いと思ったら、
クリニック裏山の松が岡公園にも
入道雲が湧き上がってますね。
   
DSC_2396 (1)
   
松が岡公園下の蓮池も
最盛期を迎えようとしています。
  
DSC_2400 (1)
  
蓮の花は
大好きなのですが、
撮り方が難しいですね。
それでも最近の携帯は
なかなかのものです。
  
DSC_2401 (1)
    
池のほとりには
子供たちの姿が。
しばらく待っていると、
歓声があがり、
おお
ざりがに。
なつかしい。
こんなところにもいたんですね。
  
DSC_2403 (1)

  
そして昨日で無事
たいらの七夕も終わりました。
今年は本当に暑かった。
    
DSC_2436 (2)
     
ワタナベの飾りには
よく見れば
「50」の文字と
いわきのマーク「い」の字が両側に。
小名浜の花火大会でも、
いつもの倍の2万発のあいだに、
伝説のデパート「大黒屋」のCMが流れました。
(いわきで唯一?
お子さまランチが
ショーウィンドウに並んでいたのを
記憶しています)

U15少年野球の世界大会
(日本は惜しくもキューバに敗れ、準優勝!)
も開催され、
市制50周年を記念すべく
にぎやかな
いわきの
盛夏を飾る
週末でした。

  

  

  

  

風薫る、5月。

Posted in ブログ on 5月 16th, 2016 by ichiro – 風薫る、5月。 はコメントを受け付けていません。

風薫る、
とはよくいったもので、
新緑の5月。
1年で、
もっとも風が心地よい季節かもしれません。
  

DSC_1576[1]
  
というわけで連休明け。
クリニック隣の松が岡公園。
花見の賑わいは終わりましたが、
実はこの季節もよいのです。
   
DSC_1580[1]
   
坂を上がればツツジの迷路。
あっちこっちに曲がりくねって、
どこにだって隠れられる。
缶蹴りにはサイコーですね。
毎日やってもあきなかった、
あの頃がなつかしいですね。
   

DSC_1599[2]
    

隠れるのに夢中で、
こんなにもあざやかな色だったかどうか。
   

  
DSC_1590[1]
   
リニューアルオープンした公園は、
遊具も整備され、
木洩れ日も心地よい。
   
DSC_1593[1]
   
もともと汽車があった軌道で、
リレーに興じる家族を発見。
あそびを創り出す才能に、
こっちも元気をもらえますね。
  
DSC_1596[1]
   
自分も負けじと
どこかで見たはずの草を発見。
でもどうやって遊ぶのか忘れてしまった。
これが月日というものか。
どうすれば
ぺんぺんと音が出るのか。
  
DSC_1584[1]
  
そしてこの街を見下ろしてみれば
幼稚園のときに見た景色とどこが違い、
どこが同じか。
いずれにしてもこの本当に小さな平(たいら)の街が、
とてつもなく巨大な迷路に見えた時代もあったことだけは記憶している。
  
DSC_1604[1]
    
      
坂を下りればクリニックを過ぎ
幼稚園跡地にいたる。
風にさそわれ、
こちらのつつじも見事だった。
年少のときに受け持ってくださった、
I先生もお元気とのこと。
先日お手紙をいただきうれしくなった。
これまでいろんな先生にお世話になったが、
必ずしもよい思い出ばかりではないなかで、
人生最初の先生がいまでも見守ってくださることは
少しくすぐったくも
ありがたい。
  

   

桜 さくら SAKURA

Posted in ブログ on 4月 29th, 2016 by ichiro – 桜 さくら SAKURA はコメントを受け付けていません。

DSC_0989
  

クリニックの桜も無事咲きました。
   
  
DSC_0980
  
すぐそばの
松ヶ岡公園は震災後のリニューアルからようやく再開。
花見客で賑わいました。
(写真は宴前ですね。まだ夜はこれからです)
   
DSC_1087
  
足をのばし
去年に続き合戦場のしだれ桜。
  
DSC_1066 
  
今年の桜は本当に早足。
夜の森のさくらはすでに遅かったですが、
こちらも被災地、
大熊町の坂下ダムは
ひっそりと満開を迎えていました。
  
DSC_1142
   

締めは大好きな古殿町
越代のさくら。
「あんちゃん。いいのあっぞ」
おんちゃんに乗せられて
屋台で買った
たらぼ(タラの芽)とうるいは
あとで
湯がいておいしくいただきました。
春のしあわせ。
  
DSC_1150 (2)
  
夕闇の越代のさくら。
横顔も美しいですね。
はらはらと
古殿の銘酒「一歩己」と
花びらと
やっぱり「たらぼ」は酢味噌で合いますね。

震災から5年を過ぎて

Posted in ブログ on 3月 20th, 2016 by ichiro – 震災から5年を過ぎて はコメントを受け付けていません。

震災から5年の節目。

いまの被災地をめぐるバスに乗った。
   
DSC_0654 (1)

   
   
 

道の駅よつくらに停車。
大がかりな堤防工事が進められ、
子供のころからよく遊んだ、
海が見えなくなるのは残念でならない。
  
   
DSC_0658 (1)
   
つづいて久ノ浜の浜風商店街。
仮設の商店街は小学校の目の前にあり、
なんと駄菓子屋もあるではないか。
   
DSC_0669
  
小さな男の子が買い物に来ていた。
よく見れば
垂涎もののプラモも並ぶ。
とても仮設とは思えない、
すばらしい品ぞろえ!  
  
    
    

   

   
続いてバスは北上し、楢葉の「ここなら商店街」へ。
ここもプレハブの商店街で、
昨年9月にようやく避難指示が解除され、
自宅に戻ることのできた人たちや、
原発あるいは除染作業員たちでにぎわっている。
     
     

DSC_0692
   
この日はおまわりさんも
休憩時間。
こうして制服で買い物することにより、
治安維持効果をも期待されている。
       
DSC_0672
   
昼食はJヴィレッジの近く、
日本代表サッカーチームに帯同し、
彼らの食事を一手に引き受ける西さんの運営する、
アルパインローズでいただいた。
   
DSC_0674
   
根菜がたっぷりと入った、
すいとんがうまかった。
ここ楢葉の郷土料理で、かつての代表監督トルシエが母の味と絶賛してから、
「マミーすいとん」と呼ばれているそうだ。
案内役を務める、福島大学の開沼氏が、
「若いんだから、食べれっかい」
「……あ、はい」
と参加者の方々に食べきれないごはんをすすめられ、
しっかりと食べておられるその若さと、真面目さにうれしくなった。
     
DSC_0686
   
午後の陽のまぶしい天神岬。
望遠鏡の先には、
洋上に設置された
浮動式大型風力発電の風車がまわる。
汚された土地を、
再生エネルギーの基地としても再起する計画は
はじまったばかりだ。
  
DSC_0679
  
北にはフル稼働する
火力発電所と、広大な土地に汚染廃棄物が敷き詰められている。
  
DSC_0696
  
バスは富岡まで、北上する。
駅前の商店街も駅自体も撤去され、
低線量の廃棄物は、日々焼却処理される。
海辺に建つ白い建造物が、臨時の焼却施設だ。
   
DSC_0706
   
国道に近いショッピングモールも、
以前訪れたときは荒れ果てていたが、
なかを覗き込むと掃除がなされ、
早ければ、来年4月の帰還に向け、
今年中に営業を再開するという話も聞く。
富岡町では、この3月には特例宿泊が開始されたが、
しかし申し込んだ住人は1%に届かないのが現状だ。
    

   
DSC_0712
  
津波から避難誘導し、
殉職された警官が乗っていたパトロールカーが、
真新しい慰霊碑とともに、祀られていた。
震災後、5年を経ても、
なまなましい感触は、
拭えない。
   
DSC_0717
  
帰り道、
地物を扱う水産業者を訪れ、おみやげタイム。
市の魚でもある「目光」を含め、
数はまだ少ないがいわき産の魚介類が、流通し始めているのを実感できた。
試験操業の対象魚種も72に増え、実際に地物を見るのはうれしい限りだ。
メヒカリは唐揚げも刺身もうまいが、開いて一夜干しにするとおどろくほどうまい。
    

バスのなか、
昨年も一昨年も福島県産米の全袋検査で、
放射能の検出がゼロであることなど、
開沼氏の講義も熱を帯びた。
  

   
DSC_0762
   
3月11日当日は、
いわき駅前にて、
鎮魂の合唱が捧げられた。
地元中学生の歌声が、
寒空に響く。
思えばあの日も、
寒い夜だった。
富岡町夜ノ森地区の桜並木を模した
アーケードのイルミネーションも点灯され、
それぞれがそれぞれの
6年目を迎える。

   

    

第7回いわきサンシャインマラソン

Posted in ブログ on 2月 16th, 2016 by ichiro – 第7回いわきサンシャインマラソン はコメントを受け付けていません。

去年に続き雨のなかでの開催となってしまったが、
第7回いわきサンシャインマラソンがはじまった。
41都道府県から、1万人の参加があるというから、
地元いわき民にとっては、うれしい限りだ。
この3回、雪、雨、雨となってしまったが、
リピーター率が高いと聞き、本当にありがたい。
  
DSC_0587
  
そうか。
今日はチョコの日。
まずはお義理をひとつ、ありがたく頂戴します。
  
DSC_0589
   
昨年友人が、かぶりものをして子供たちに声をかけられ、
楽しかったということなので、
今年はアマゾンで手に入れたシロクマをかぶってみることにしました。
お見苦しいですが、ご容赦ください。
  
DSC_0593
  
いよいよスタート。
かなりの南よりの向かい風です。
  
DSC_0603
  
中の作港を抜けて、江名漁港。
大漁旗は昨年同様、迫力あります。
  
DSC_0608
  
途中の海岸線は、防潮堤の工事が進められている。
津波から集落を守るためだろうが、海が見えなくなるのは、やっぱりさびしい。
このいわきで生まれ育ったものにとっては。
  
DSC_0609
  
海は見えぬが、海沿いをすすむ。
  
DSC_0612
  
工事はかなり広範囲だ。
  
DSC_0613
  
三崎公園の心臓破り。
マリンタワーをめざし、走れないので、歩きます。
  
DSC_0614
  
上り切った休憩所に、
サンシャインマラソン名物、
イチゴとトマト。
どちらもフレッシュでサイコ―です。
大ぶりで、太陽のトマトとも言われています。
  
DSC_0622
  
水族館、アクアマリンふくしまを抜けていくころ、
雨もやみ、絶好調といいたいですが、
もう足が痛い。かなりつらい。
  
DSC_0625
  
ひきずるように、歩いてはちょびっと走るの繰り返し。
  
DSC_0627
  
すると終盤、サンバのリズム。
「風に~風に~なり~たい」
なつかしい。好きな曲だ。もうひとふんばり。
  
DSC_0628
  
「がんばれ~」
「がんばれ~」
「シロクマさ~ん」
地元ダンスチームのこどもたちが、はち切れんばかりの声で応援してくれる。
「ありがとうね~」
汗だくでもかぶりつづけた甲斐があった。
心理士「じばにゃん」への声援の数には負けたが、
わがシロクマもいくどとなく、励ましをいただきました。
ついに子供たちの声援が、青空を見せてくれたみたいですね。
  
DSC_0635
  
そしていよいよゴールが見える。
もう走れないけど、6時間にはなんとか間に合いそうだ。
  
DSC_0638
  
看護師さんもがんばりました。
もう歩くのも無理です。
ご声援を、本当にありがとうございました。

  

新舞子ハイツ

Posted in ブログ on 12月 31st, 2015 by ichiro – 新舞子ハイツ はコメントを受け付けていません。

珍しく新舞子ハイツまでの道のりを走った。 
いわき七浜の景勝地のひとつ、新舞子。
震災で被害を受けたハイツも、
ようやく今年
プールを含めほぼすべての施設が再開された。 
   
DSC_0414 (1)  
  
平五小の前を通る道は、
中学のとき、
薄磯海水浴場まで
夏休みになるとほぼ毎日通った道だ。
中古だが、ようやく買ってもらった変速チャリ、
ロードマンを競い合って。
  
DSC_0415 (1)   
  
途中、県道を右手に折れると、
小さな小川もまだ残されていた。

DSC_0416 (1)  
  
休憩するときは
なぜか自分はドクターペッパーを買った。
メローイエローや
マウンテンデューも懐かしいが、
どうしてかドクターペッパーの変な?味が好きだった。
つまみはたいてい
「よっちゃんイカ」か「ベビースター」
    
いまでも変わらぬ小路に商店はあり、
スプライトは
いまもなお現役だった。
  
13913  
  
そして薄磯の帰りにハイツで風呂に
男子みんなで入るのが日課だった。
お互いがお互いの身体を意識しつつ、
チャリで競い、
海では泳ぎ、
サッカーでまた競い、
好きな女の子の名を語り合った日々。
  
黙々と走ると
ひまであるからそんなころを、
昨日のことのように思い出す。
  
DSC_0420
  
 

さて、ハイツでは新そば祭りだそうだ。
太平洋を眺める風呂上りに、
コシがあって実にうまい。
みなが腕をふるい合うそばを、
ワンコインでいただけるのもラッキーである。 
   
 

DSC_0418 (1)    
  
ドクターペッパーは黒ラベルに変われど、
あの中学時代と楽しみは同じなのかもしれない。
人というのもそう大きくは、
変わらないものらしい。

ラン&スパ&○○○&トレイン

Posted in ブログ on 11月 10th, 2015 by ichiro – ラン&スパ&○○○&トレイン はコメントを受け付けていません。

2016年2月14日のサンシャインマラソンに向けて、
11月に入りようやく始動。
   
新川をいつものようにさかのぼるようにして走る。
  
DSC_0207
   

夏井川では白鳥の飛来と鮭の遡上がはじまっていたが、
ここ新川は桜の紅葉がきれいだった。
走ってはでもすぐに歩く。
歩かざるをえない。
運動不足で。
   
DSC_0212
  
ほとんど歩いて坂を越え湯本に着くと、
なぜだかリングが駅前に設置してある。
  
「教頭いけ~」
どうも青空プロレスで覆面レスラーにたたきのめされているのは、
声援からすると教頭のよう。
元気な教頭、いいですね~
ラリアートで一矢報いると、
坊主頭連中の声援がとぶ。(青春ですね)
   
DSC_0216 (2)
   
「さはこ」と双璧の「みゆき」の湯はしばらく閉鎖されていたが、
無事ふっかつ。
そしてどうも今日はお祭りのよう。
「湯の街復興学園祭」とのぼりが出ている。
ハワイアンセンターで有名なこの街は駅前も熱い。
熱いといえば「みゆきの湯」は
左側の浴槽がとにかく熱い。
でも先月、
二本松の岳温泉で入った湯船は、
相当覚悟してもほんのちょびっとずつしか入れないほど熱かった。
  
DSC_0196 (1)
  
でも「湯本」だって「岳」に負けてはいない。
どちらも全国4位の温泉数をほこる、福島県の底力である。
(ちなみに1位は長野、新潟、北海道とつづく。熱さランキングなどあれば面白い気もするが)
   
DSC_0219 (1)-001
  
すっかりのぼせて飲む〇〇〇はやっぱりうまい。
慢性的な、首の痛みもすこしはやわらぐ気がする。
駅前では美女たちがステージで踊っていた。
さすがハワイアンセンターの街である。
すっかりハワイアンズのダンスチームと思ってみていたら、
舞台を降りるときのアナウンスを聞いて「高校生」と知った。
化粧をしているとどう見たって大人にしかみえない。
たまげた。(←すっかりおじさんの感想)
その次に上がったアイドルたちは、いわき出身で有名なのだそうだ。
どう見てもAKBにしか見えなかった。(←これもまたおっさんの感想)
  
DSC_0220 (1)
  
およそ1年ぶりにこのラン&スパ&〇〇〇&トレインひとり上手ツアーを開催したので、
新しく生まれ変わった湯本駅にもはじめて入った。
  
DSC_0225 (1)
   
すっかり洒落た佇まいで、
この駅のホームに直接面した足湯も画期的だが、
湯につかりながら振り返れば背後に窓があって、
いわき名産の「カジキメンチ」だって、スイーツだって、〇〇〇だって何でも頼めるシステム。
やりますね。湯本。
やってくれますね。JR。
さすがにおかわりはがまんしましたが。
  
そして帰りは9分のトレイン旅。
1時間以上かかってたどり着いた路もあっという間。
やはりこの王道(邪道?)トレーニングは、
今年もやめられそうにありません。

    

   

花火

Posted in ブログ on 10月 18th, 2015 by ichiro – 花火 はコメントを受け付けていません。

今年ほど花火を精力的に観た年はない。
ことのはじまりはネット応募でまず当たらないと言われている大曲の桟敷席が当たってしまったことだ。
   
 
8月1日、小名浜の花火大会は診療もあり行けなかったから、
大曲のウオーミングアップとして、
8月8日、用事ついでに福島市の花火大会にでかけた。
   

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


   
駅から阿武隈川を歩く夕暮れの川べりはここちよく
浴衣を着た兄弟が抜きつかれつ
胸躍らせるように会場へと向かっていた。
  
  
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


      
大曲は競技大会とだけあって
花火師どうしの火花を感じる熾烈さだった。
昼花火という珍しい煙幕のあと、
競技は、尺玉の芯入り割りもの、自由玉、そしてスターマインの部で争われる。
創作花火であるスターマインはもちろんだが、
尺玉の美しさと、
腹に、ずん、とひびく迫力がたまらない。
  
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


   
2年前の長岡と、学生のとき以来何度か行った土浦と
これで3大花火競技大会は一応制したことになる。
花火は一瞬の勝負であるから
面白い。
一時期は本気で花火師のライセンスを取ろうと思ったほどだ。
ベタだがどうしたって人の世と重なり合い、
歓喜と哀感が入り混じる。
若い女性たちが酔っぱらって、
「これ100点」「いや120点」「う~ん、200点」
どんどん点数がつりあがっていってしまうのが聞いていて楽しかった。
   
こうなると土浦をもう一度しっかりと観てみたくなる。
人ごみは苦手だがそうも言っていられない。
またしても用事にかこつけ、縁ある土浦の土地にも数年ぶりに出かけた。
   
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


   

土浦も大曲と同じく熾烈な競技花火である。
いつも人と行くのでちゃんと観ていなかったが、
どれも大曲に負けずハイレベルだ。
強烈な閃光とともに、
いまこの瞬間だけは日々の悩みや困難からも解放される。
関西方面から来たらしいおばちゃん連中に
煎餅やらチーズ鱈のようなものやら、次々とつまみを分けてもらいながら、話も弾む。
そして中盤、
地元主催の大仕掛けの大スターマインは名物のようで、
これでもか、これでもか、これでもか、
というほどに花火は広角に夜空のすべてを埋め尽くし、
桜川が真っ赤に染まった。
コトバが出ない。
おばちゃんたちも黙った。
動けない。
  
そして最後はたまたま出先の熱海海岸で
偶然その日に当たった10月の花火大会。
年に何度か行われる海岸の花火は、
熱海港のすり鉢状の地形を生かし、
シンプルかつ鮮やかだった。
   

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


    

すでに肌寒い季節ではあるが、
潮風もわるくない。
  

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


    
若いカップルもいるにはいるが、土地柄年配の方が多い気がした。
老夫婦が、
身を寄せ合って空を見上げる。
花火が終わっても動かないから、
少し心配になったくらいだ。
静けさを取り戻した海を前に
ようやく彫像が動くみたいに
二人はゆっくりと立上ると、
路地に消えた。